石川県内での介護求人は、地域密着型サービスも含めて多数存在します。特に訪問介護を中心とした在宅サービスにおいてヘルパーが不足気味ですが、訪問介護員として働けるのは有資格者に限られます。そのため、初心者かつ未経験者ではなかなか難しいのが現実です。そのため、まずは特別養護老人ホームのように、無資格者かつ未経験でも働ける場所を探すことが良いでしょう。このとき、特養もそれほど人が足りない状態では無くなっています。介護保険制度の改正により入居要件が要介護3以上となり、特養入居待機者が減ってしまったために、職員も可能ならば有資格者を優先して雇用する動きがこの地域でも見られてきています。そのため、求人を探す場合には、介護に関する資格の有無などを確認しながら探すことが必要になってきました。

可能であれば介護に関する資格を先に取得すること

介護求人への応募を考える際には、可能であればまずは関係する資格を取得してから応募をすることが望ましくなっています。かつては無資格者や未経験者でも率先して採用をしてきた特養も多く存在しました。ところが特養への入居可能者が減ったために、特養側でも空室が出来ている状態になっています。したがって、石川県内でもまずは介護に関する資格たとえば初任者研修資格などですが、こうしたものを先に取得しておくことで、求人元に対するアピールに繋げていくことが必要な時代になってきています。また、ホームヘルパーなどで働くことを目指す場合には、自動車の運転免許が欠かせません。したがって、運転免許の取得も考えなくてはならず、特に山沿いの地域などへの移動には、雪道走行になれておくことも求められるでしょう。

実務経験よりもまずは働けるように資格取得が先です

実務経験は、この業界では最初みんな素人でした。したがって、未経験でも採用をしてくれる事業所もありますし、介護求人においても未経験を歓迎する旨、記載がされてある場合も少なくありません。ただし、介護に関する全くの素人を採用する動きは鈍くなっています。石川県内の介護事業所でもこの傾向が出てきました。そのため、介護に関する知識と技術を有することをまずは目指しておくことが望ましくなっています。事業所も全くの未経験者かつ素人よりは経験とある程度の知識を有する人を採用しないと、人材不足ではあっても人材育成の時間を割けません。したがって、求人に応募する側である程度の事前の努力を必要とする動きが加速しています。可能であれば、未経験でも取得出来る資格を取得しておくことで、求人への応募に有利に働くでしょう。