高齢者介護の問題は、年々深刻度を増しており、老人ホームをはじめとした福祉施設においては、自治体が運営する施設は軒並み入居待ちが続いており、企業が運営する有料の施設は、絶対数が不足している上、入居費の高騰が大きな課題となっています。さて、石川県においても高齢者の介護の問題は深刻であり、それに伴う介護職の処遇改善については、非常に重点を置いて取り組んでいます。その一環として取り組んでいる介護職員処遇改善加算は、介護職に従事する人の給与に直接、関係するものですから非常に期待されています。この地域の介護求人は、介護福祉士をはじめ、ケアマネージャーや訪問入浴オペレーターなど多岐にわたっており、他県同様、有資格者が優遇されることに変わりありません。

介護職の種類と具体的な仕事内容

介護職と一口に言っても、実に様々な種類があります。最も代表的なものが、介護福祉士になります。この仕事は、高齢者の食事、入浴、排泄、洗濯など身の回りのお世話を行うものです。さらに資格を有することにより、痰の吸引といった医療行為に準ずることも行わなくてはなりません。介護福祉士としてのキャリアを積んだ人がキャリアアップのために選ぶのがケアマネージャーです。これは、高齢者のお世話を実際に行うのではなく、個々の介護に関するプランを策定する仕事です。非常にでき責任の重い仕事ですが給料も高くなりますので、やりがいのある仕事であることには違いありません。最近、求人数が増えているのが訪問入浴オペレーターや訪問看護師です。これらは、比較的、介護レベルが低く、自宅で生活している高齢者の日常生活をフォローする仕事です。

石川の介護求人の傾向と対策について

石川県の介護求人は、他県同様、介護福祉士やケアマネージャーの需要が高いのですが、そのほかにも訪問入浴オペレータ^や訪問看護師の需要も高いのが特徴的です。これは、他県と比較して核家族の割合が低いことに起因しています。つまり、介護の基本は在宅介護であり、家族だけではフォローしきれない部分について、介護職の経験やスキルをもった人を必要としているという事です。そのため、地域密着型通所介護として、地域密着型サービスに移行を予定している通所介護事業所も増えており、県が支援している状況にあります。しかしながら、需要に対する供給のバランスは適切であるとは言い難く、要員不足は徐々に解消されていますが、解決にまでは至っていません。介護職に従事する人の処遇改善や若年層の雇用支援が、大きな課題となっています。